染み抜き ボールペン

ボールペンで出来た染み抜きの方法は、台所のクリームクレンザーとエタノールにクレンジングオイルを同量混ぜ湯煎して溶かしたものをボールペンの汚れに叩き込み、吸い取り紙をあて裏から叩いてうつしとります。 ソロものでも柄物でも使用でき、繊維も綿やナイロン、ポリエステルに使用できます。

ボールペンはアルコールと染料が入っているので擦らずに、エタノールが良く効きます。 チョコレートも油成分が多いので、同じ方法で良く落ちますね。

常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

染み抜き 血液

染み抜きで血液は厄介なものですが、大根の酵素で分解できるそうです。 下にキッチンペーパーなどの吸い取り紙を敷き、酵素入り液体洗剤を血液に塗布します

大根おろし液をその上につけガーゼで軽く叩きます。さらにオキシドールを塗布してお湯でモミ洗いしてみます。 その後いつもどおり洗濯しましょう。

コーヒー 染み抜き

コーヒーも厄介です。あの染み抜き王子のカリスマクリーナーでの方法なら落とせるようですね。 花王のワイドハイターと重曹を2対1に混ぜ吸い取り紙やタオルをしたにしき、上から叩いて落とし、その後いつも通りに洗濯します。

油を上手に取るには、台所の中性洗剤とクレンジングオイルを同量混ぜ吸い取り紙をしき、上からハブラシで油染みに叩き込みます。油が下に移ったらすすいで洗濯します。

カレー

カレーの場合は、水溶性と油溶性の成分が交じり合っているので、落としにくい状態です。 カレーをたらしてしまったらこすらずにそっとぬぐい、中性洗剤とクエン酸を同量に混ぜたもので、吸い取り紙を敷いて上から押し当てるようにします。

染み抜きの方法

基本的には、広げない、こすらない、時間を置かないということです。 何でも跡になるようなものをつけてしまったら、裏にティッシュペーパーをあて、きつく絞ったハンカチなどで表から軽く叩いて、写し取るような感じにします。

叩かずにぐいぐい押し付ける人がいますが反対に広がってしまうので、移し取るような感じで軽く叩いて取るのが良いでしょう。間違ってもゴシゴシ擦ってはいけません。

キレイにするつもりがますます広がるし、繊維は毛羽立って汚くなるし傷んでしまいます。 これが応急の方法で、家に帰ってからすぐに中性洗剤で洗うようにして、洗濯ができそうもないものは、クリーニングに出しましょう。

後で気が付いたものなどは、因がわからないものが大半といいますので、まず見つけたら台所の中性洗剤を直接つけ、なじませてそのままいつもどおり洗濯します。

飲食物で3日ぐらいのものなら大抵は落ちるはずです。 ただ色の濃い場合は、簡単なやり方では落ちないこともあると思います。

こんなときは、やかん漂白をして見ます。 その前に自分でできる素材かどうか確かめる必要があります。事前に塩素系漂白剤の使用が出来るか確かめる必要もあります。塩素系漂白剤の使用には十分に注意して、下にビニールなど敷いて垂れても良いようにいておきましょう。

健康・美容
豆知識
ショッピング
楽天ウェブサービスセンター
    楽天ウェブサービスセンター
GoogleYahoo!