サージカルマスク

通販でもサージカルマスクと呼ばれるマスクがウイルス遮断性が高く人気がありますが、サージカルマスクとはアメリカ食品衛生局では、基準をBFE95%以上と規定しています。

使い捨てマスクであってもインフルエンザ対策として使用するなら米国ネルソン研究所のBEF95%以上のサージカルマスクがおすすめといえるでしょう。

N95マスクと呼ばれる医療用の製品もありますが、高価であったり高気密のため息苦しさを覚える人もいますので、厚生労働省でもお勧めのサージカルマスクで良いと思います。

しかし予防策としてマスクは有効ですが100%遮断できると言うものではありません。 流行時の一番の対策は外出しないことです。

それでも外出しなければならないときは、マスクを着用し帰宅したらマスクは捨てて手を良く洗いましょう。指の間や爪もしっかり洗って、うがいも忘れずにするようにします。

使い捨てマスクの使い方

使い捨てマスクは、蛇腹状のプリーツがついた不織布製のマスクが一般的で、使い捨てマスクの使い方としては上部を鼻筋にあわせあごの下までしっかり引いて隙間を作らないようにします。

使用後はマスクの表面には触れないようにひもを持ってはずしビニール袋に入れて廃棄します。

サイズも自分の顔に合う大きさを選ぶことが重要で、顔との間に隙間ができずぴったりフィットするものを選びましょう。

時間がたつとずれてくるものはサイズが合っていてもNG、ひもがずれたり耳が痛くなったりしない事も大切です。

使い捨てマスクと子供

使い捨てマスクには子供専用のものもあり、子供は大人とは顔の形が違いますので子供専用のマスクを選ぶようにしましょう。

子供の顔は凹凸が少なく低い鼻や耳の位置が低くあごも丸いといわれていますので、専用のマスクが必要というわけです。

マスクメーカーとしても有名なユニチャームが行った実験ではマスクを子供に着用させて登下校や掃除をさせたところ、しない場合に比べてインフルエンザの発症率に約5倍もの差があったと報告もされています。

使い捨てマスク メーカーのユニチャームの超立体マスクキッズが高学年用や園児から低学年サイズがありお勧めです。

製品をもっと見る
サージカルマスク

健康・美容
豆知識
ショッピング
楽天ウェブサービスセンター
    楽天ウェブサービスセンター
GoogleYahoo!