風邪薬の効果

風邪を治す薬はないということをご存知ですか?と聞くと、でも薬局の市販薬やお医者で処方してもらう風邪薬で、風邪が治るじゃない。

と思う人は多いでしょう。インフルエンザは特効薬としてタミフルなどがありますが、風邪を直接治す薬はないのです。いわゆる風邪薬とは、症状の緩和を目指す対処療法を目的としているのもなのです。

ですからつらい頭痛や発熱に関節痛、クシャミ鼻水鼻づまり、のどの痛みが楽になっても治るからでなく押さえているだけなのです。ですから、薬を飲むことにより長引く事もあるわけです。

発熱はウイルスや細菌を攻撃しやすくするもの、クシャミや咳の鼻水は体の外にウイルスなどを出すための反応です。その反応を抑えあてしまうのですから、ウイルスや細菌とっては都合の良い事になりますね。

普通の風邪なら、家でおとなしく寝てるのが、正しい風邪の治し方ともいえるのです。薬はむやみに飲まないで症状がつらくて、このままでは眠れないとか食欲が出ないとかで返って体力を消耗させてしまうときに飲むのが良いと思います。

サージカルマスク 最安値 楽天通販

手指消毒用アルコール

常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

風邪薬と栄養ドリンク

風邪薬と栄養ドリンクの関係は、気になる人も多いことでしょう。例えば栄養ドリンクで、流し込むなどという事は、その成分がどのような相互作用を起こすかわかりませんので、お勧めは出来ません。

薬は水かぬるま湯で飲んで後から栄養ドリンクは構わないと思います。

ビタミンCなどが成分にあれば、早く直す手助けになり、1日に千ミリグラム以上のビタミンCは、直りを早くするというデータもあります。

ただし、尿路結石が心配な人なら控えめに、通常は余分なビタミンCは、尿とともに対外へ出てしまうので心配いりません。栄養ドリンク剤を飲むのなら、夜の12時前が体の組織を修復する時間なのでおすすめです。

漢方薬と風邪

漢方薬には風邪の症状を強めて早く直すという考えもあります。 風邪に引き始めに葛根湯を服用することで体温を少し上げて汗とともに風邪を追い払うというものです。

うっすらと汗をかくくらいに、食事とは関係なしに葛根湯を3時間から4時間おきくらいに服用して寝るという方法です。

服用に関しても市販薬は、生薬の量が少ないので構わないそうです。

鼻風邪には小青龍湯が、痰が絡む咳には麦門冬湯が、吐き気や食欲不振には柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)がおすすめの漢方薬です。

注意する事は、漢方薬で熱が上がったからといって、解熱剤を飲むことはしないようにしてください。

せっかくの効果が半減してしまいます。インフルエンザにもこの方法はおすすめです。

健康・美容
豆知識
ショッピング
楽天ウェブサービスセンター
    楽天ウェブサービスセンター
GoogleYahoo!