保険の選び方と注意点

少ない保険料で大きな保障と考えるのは誰しもおなじ、でも予算が少ないなら保険の種類を選ぶことも必要です。

最優先しなければいけない保険は生命保険でしょう。万一の場合、家族に必要な額は医療保険の額とは桁違いに大きいものです。

さらに保険を見直すときに注意したいのは、新しい保険医加入してから以前のものを解約するようにして無保険の期間がないようにする事です。

また、将来の収入にあわせた支払額や終身かどうかも大きな見直しのポイントといえます。

生命保険の見直し

生命保険は必要最低限の保障を出来るだけ安い保険料で加入できるものを選びましょう。 もしものためだからといってやたら高額な保障は、毎月の負担を増やし家計を圧迫します。

子供が小さいうちは、生命保険の保障額も大きい方が安心ですが子供が成長するにつれ必要な額は減るのですから、そのつど見直すのが良いと思います。

収入が右肩上がりが望めない現在、貯蓄は減り教育費は増えるのが当たり前と考え保険の節約は避けられません。

保険の掛け捨て

保険料が安く保障を大きくと考えれば、満期金や貯蓄性の高い保険よりも掛け捨ての保険がおすすめです。

今の運用実績では、貯蓄性の高い保険のメリットは少なく万一保険会社が破綻・倒産でもしようものなら、意味のないものになってしまいます。

その点、掛け捨ての保険なら満期金や解約戻し金がない分保険料を安く設定できるので安い保険料で保障がほしい今の時代にはあっているといえます。

医療・傷害保険の見直し

入院の日数に応じて1日いくらというように支払われる入院給付金は、昨今の医療の進歩や病院側の事情もあり、早く退院させられるため、メリットは少なくなっています。

入院給付金が多い保険より、診断一時金の多い保険の方が在宅治療にも対応できおすすめといえます。

女性の保険選び

女性の保険選びといえば女性特有の病気に保障のつく医療保険でしょう。

ただし保険会社により条件は大きく変わるので自分に必要な保障があるか良く調べて加入することをおすすめします。

特に高齢出産の可能性が将来的にある人は、帝王切開も対象になりますので万一の妊娠や出産にかかわるトラブルに備えて加入しておくと良いと思います。

保険は個別に

保険と一口にいいましても、生命保険に医療保険、子供保険など種類もさまざまですが条件もいろいろです。

たとえば生命保険はA社で医療保険はB社というように条件に合った保険会社をセレクトして加入するのも良い方法です。

保険会社選び

保険選びに、保障の条件は大切ですがそれ以上に保険会社の安全性を調べることも重要です。

せっかく条件の良い保障がある保険に加入できてもその保険会社が破綻してしまえば、保険金も出ないかもしれません。

ファイナンシャルプランナー・FPに相談

ファイナンシャルプランナーは日本ではまだなじみの薄い職業ですが、家計のやりくりや負担を節約するならお金を払っても相談しがいのある人といえます。

特に保険のような大きな買い物は、ファイナンシャルプランナーに相談して見ると思わぬ節約になるかもしれません。

健康・美容
豆知識
ショッピング
GoogleYahoo!