個人年金保険とは

個人年金保険とは、文字通り個人的に加入する民間の金融商品で、定額型といわれる加入時に将来の年金額が確定するものと運用実績により年金額が変わる変額型とにわかれます。

最近の景気を反映してか定額型の年金保険が人気ですが、安定している代わりに利回りは良いとは言えず選び方は慎重にしたいものです。

日本生命保険のマイドリームプラス

銀行など多くの金融機関で販売されている日本生命保険のマイドリームプラスは人気急増中の注目の年金保険です。

日本生命保険のマイドリームプラスは固定金利型を選び契約時に保険料を一時払いしておけば初めに決められた利回りで運用された年金額を受け取ることが出来る商品です。

万一据え置き期間に亡くなった場合でも、払い込んだ保険金にプラスされた死亡保険金を受け取ることが出来る保険です。

運用利率は加入時の情勢で変わりますが、大手銀行の定期預金の利率よりは有利といわれています。 現在の年金保険は、金融不況の影響で変額型よりも定額型が人気となり契約数も伸びています。

個人年金保険と保険料控除

個人年金保険の保険料控除には注意すべき点があります。 人気の定額型の個人年金保険は、その支払いが一時払いと月払いが一般的といわれています。

そして、銀行などで扱う定額型個人年金保険は、そのほとんどが一時払いタイプで、月払いタイプのように所得税や住民税の負担が軽減される個人年金保険の保険料控除が適用されないのです。

さらに一時払いの場合、据え置きの期間に解約した場合は元本割れして支払額の一部しかもどらないこともあるわけです。

もちろん、保険会社が倒産など破綻してしまえば個人年金保険ゆえそれで終わりということもあるのです。

最近は銀行の窓口で加入できる個人年金保険ですが、注意したいのは加入窓口の銀行の安全性よりも個人年金保険商品の発売元である生命保険会社の経営の健全性なのです。

個人年金保険の選び方は、この低金利時代では安全性の高い定額型では年金を大きく増やすことは難しく、今が景気の底でこれから景気は上昇して株価も上がると判断できるなら変動型のほうが大きく年金を増やす可能性があります。

このあたりは、景気情勢を良く見て慎重に選ぶことが重要でしょう。

健康・美容
豆知識
ショッピング
GoogleYahoo!