お勧めの保険選び

家に次ぐ大きな負担といえる各種保険料の中でも生命保険は万一のときに残された家族を守るためには必要ですが、それだけに高額に設定すると日々の家計を圧迫してしまいます。

保険の節約は必要な保障額を無駄なく計算することで実現します。

たとえば、子供が小さなうちは大きな保障額の生命保険で万一の場合に備え、子供が成長するにつれ保障額を下げて日々の負担を減らすなど工夫しだいで無駄を減らし合理的な保険選びを考えましょう。

医療保険 掛け捨て

生命保険に限らず医療保険でも少ない保険料で大きな保障が得られるのが掛け捨て保険です。 所得が増えない今、支出を節約するのに人気のある保険です。

大きな保険会社でも破綻するのですから、保険を貯金代わりにするのはリスクが大きく掛け捨てならその点安心です。

医療保険 お勧め

医療保険というと怪我や病気で手術や入院したときに支払われる保険ですが、入院の日数で出る保険、入院給付金よりは一時金が多いほうがメリットがあるようです。

入院は、医療の進歩や病院の方針で、長く入院できなくなっています。 ですから、日数で出る給付金より、診断されたらすぐに出る診断一時金などがあれば、在宅治療でも安心です。

最近は以前のように死亡保険の特約で済ませないで、病気や怪我で手術や入院時の医療保険は単独で入る人が増えています、

種類も多く、持病があっても加入できたり高齢者でも加入できるものなど種類も豊富になっています。

死亡保険の特約の場合、その払い込み期間の満了である60歳や65歳で特約も一緒になくなるものが多いので、医療保障を継続させるには追加の保険料が必要だったり延長できても80歳までというものが多いので注意が必要です。

数年前から登場した保険には、特約ではなく単独で医療保障をして死亡保険金や解約払戻金をなくしてそのぶん安価に設定した終身の医療保険が登場しています。

保険料の負担減

医療保険など定年や万一の病気が元で支払いが困難のになっても、支払いが免除されたり減額される保険もあります。

3大疾病後の保険料負担ゼロや60歳以降の保険料半額などライフスタイルに合わせて選べるようになっています。

保険商品は個々で選ぶ

年齢や職業、性別により保険の商品も会社もいろいろありますので、一社や一商品で統一しないで、各保険会社や保険商品で有利なものをチョイスするようにしましょう。

さらに、保険会社自体の経営が健全であるかも保険の見直しには重要です。 自分で探す自身がなければ有料のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのも良い方法です。

日本ではまだまだ浸透してはいませんが専門家ならではの考えやアドバイスをしてくれるはずです。

保険の見直しの注意点

目先の保障や支払額でなく将来的な視野にたってみることが必要です。

特に保険期間を定期保険か終身かは重要で、定期保険の掛け捨ては格安ですが、医療保険など自分が一番必要な時期に保険がなくなることは避けるようにしましょう。

新しく保険に入りなおすときには古い保険の契約とのつなぎをうまくして空白やダブル期間をなくす工夫が必要です。

女性保険 おすすめ

女性保険も終身がおすすめですが、女性の場合は特有の病気などの保険もありますので自分に必要な保障があるかに重点をおきます。

最近は高齢出産も多いのでその可能性のある人は帝王切開や高齢出産に備えて早めに加入しておいたほうが良いと思います。

中には、結婚や出産で祝い金が出る保険もあるので調べて損はないでしょう。

保険の見直し優先順位は?

少ない予算で大きな保障がほしいのは誰しも同じです。 その中でも一番重視すべきなのは、一家の大黒柱を失ったときの保険でしょう。

まずは死亡保障を確保して、次に医療保障などをつけていくと良いと思います。

健康・美容
豆知識
ショッピング
GoogleYahoo!