医療保険 おすすめ

医療保険のおすすめは、アリコジャパンと安田生命保険の「明日のミカタ」、損保ジャパンひまわり生命保険「健康のお守り」です。

病気や怪我などの万一の時にそなえた医療保険は種類がふえ、以前と比較しても新商品がたくさん登場しています。

おすすめは入院費用の自己負担金分が保障されたり、保険料が格安であったり上手に選んで節約しましょう。

それぞれ特徴があるので、自分にとって必要な保障があるものがおすすめです。

医療保険 アリコジャパン

医療保険のアリコジャパンは、通常の医療保険では保険金給付の対象にはならない差額ベッド代を特約で保障する商品を出しました。

入院時には個室を使用しプライべートを確保したい人におすすめです。

健康のお守り・損保ジャパンひまわり生命保険

健康のお守りという損保ジャパンひまわり生命保険の商品は、保険料が安く設定されているのが特徴です。

解約返戻金をなくすことで保険料を安くし、終身払いなら先進医療を保障する特約が月々70円で付けられるなどお得感が大きい保険です。

あしたの味方 明治安田生命保険

あしたの味方 明治安田生命保険は入院医療費の自己担分は全額支払対象になる医療保険で、医療機関から交付された領収書に記載された自己負担金額が全て保険金で支払いを受けることが出来るという業界初の医療保険です。

入院日数や手術などに応じてあらかじめ決められている額が支払われるものと違い、かかった分だけ保障される保険ということでわかりやすいばかりでなく、手術でないカテ-テル治療や先進医療も特約なして保険金給付の対象となる医療保険です。

医療保険の問題点を解決とは

医療保険の問題点とは、今までの医療保険では補いきれないケースがでてきているからでしょう。

医療技術の進歩により入院日数は減る代わりに一回の医療費は高額になり、通院で治療が出来るなど良いことなのですが、治療も保険の対象にならないものも出てきています。

今までなら、それなりの医療保険に加入していれば、受け取る保険金額で費用がまかなえることが多かったのが、自己負担が増えるケースが増えています。

ご紹介した医療保険のように、今の医療の現状に対応したものや掛け捨てで負担にならない保険がこれから人気となると思います。

健康・美容
豆知識
ショッピング
GoogleYahoo!