皮膚のかゆみと不眠

皮膚の乾燥によるかゆみとの関係を調べた結果を見てみるとかゆみを感じる高齢者に入浴後に保湿効果のあるかゆみ止めを塗ってもらった所、全員に改善効果が見られ夜中に起きる人も減り熟睡間を覚える人も多くなったといいます。

肌のかゆみが原因で不眠になるのであれば、改善する事により、睡眠不足が解消されれば昼間眠くなる事もなくより充実した暮らしを送ることが出来そうです。

乾燥によるかゆみで睡眠が妨げられると成長ホルモンの分泌がスムーズに行かず肌の新陳代謝も悪くなる。そこへ、無意識にかきむしり肌があれて更にかゆみが強くなり、ますます睡眠不足になるという悪循環を送り返すことになります。

かゆみ止めや保湿剤は入浴後すぐに塗るか、入浴しないなら就寝直後に塗るようにして、肌に直接触れる下着も木綿の様な肌に優しいものを着用するようにすると良いと思います。

広範囲には乳液を塗布しスポット的にはクリームを塗布すると良いといい塗布方法もゴシゴシしないでやさしく塗ると良いでしょう。

皮膚のかゆみと病気

皮膚は内蔵の鏡とも言われ、皮膚の状態で内臓の病気が見つかる事もあるのです。 赤くなったり、ブツブツがでないのに皮膚にかゆみがある場合、内臓に病気がある場合がありますので注意が必要です。

皮膚のかゆみで疑われる病気は糖尿病や肝機能障害、甲状腺機能障害に胃がん、白血病や悪性リンパ腫、鉄欠乏性貧血などの血液疾患があります。

糖尿病の場合、発汗の機能が低下したり高血糖のせいで脱水傾向が進むことによる皮膚の乾燥がかゆみを起こします。

甲状腺機能障害は女性に多い病気ですがこれも皮膚の乾燥を招くのでかゆみの原因となります。

肝機能障害でも皮膚のかゆみが出ることがありますが、その形態は様々で特定するのは難しいといえるようです。

乾燥する時期だけでなく、しつこいかゆみの症状が続くようなら、皮膚科などで診察してもらうことをおすすめします。

健康・美容
豆知識
ショッピング
楽天ウェブサービスセンター
GoogleYahoo!