大腰筋を鍛えるのは速く走るコツ

効果的なのは大腰筋を鍛えることです。例としてカールルイスのストライド走法をまねる事が速く走るコツですね

有るジムではトレーニング機械で、カールルイスのストライドを体に覚えこませて大腰筋を柔軟にしていきます。 この機械で20分のトレーニングで効果が出ると言います。

基本的な走法として、骨盤も足と一緒に前に出していくと言うことがあります。 骨盤も足と一緒に前後に動かすことが出来れば、それだけ歩幅が伸びて一歩辺りの距離が伸びるので、結局はタイムを縮めることが出来るわけです。

この、トレーニングの機械は、身長に対する理想の歩幅の設定し、歩幅に合わせて足を3分間前後にスライドさせるトレーニングをします。これでこの部分がほぐれてくるそうです。

その後、走るように足を回転させる運動をトレーニングすることで、ここが動き歩幅の大きいストライド走法ができると言うのです。

テレビの実験結果では10人中7人が速くなったと言うのです。わずか20分のトレーニングで7割りの人に効果が現れたということです。

やはり、一歩あたりの歩幅が広くなり一回に進む距離が増える結果、タイムが縮むのですね。柔らかくして動きを良くするのが秘訣といえますね。

筋肉を鍛える事も、良いといえますが、これでは時間もかかるし大変です。この部分を柔らかくする事でも同じならこの方が早道ではないでしょうか?

もちろん、そのための道具・アイテムとして、シューズ、運動靴も重要で、駿足という運動靴はタイムを縮めるための機能が満載のシューズで、運動靴の使用も比較的簡単と言えるでしょう。 運動靴はそろえるとして、速く走るため自宅で大腰筋を鍛えるコツは、どのようなものがあるのでしょう。

大腰筋を鍛える

大腰筋は、背骨と足の付け根の骨を結ぶ筋肉で、この筋肉は見えない上触っても確認できない筋肉なのですが、体には重要な部分です。 走るのと共通な足を上げると言う行為はこの部分を使っていてウエストの中から足を上げるようにトレーニングして日本の陸上選手も早くなったそうです。

老化も防ぐ事がわかり、老化を防止する筋肉としても今後注目されているのです。

ココの老化度をチェックするには片足で立ち、浮かした足を後ろに上げて10秒間静止します。 そのあと、そのままその足を前に上げて(階段を上る姿勢)10秒間静止します。

今度はゆっくり足を前後に10秒間動かします。

前に膝を曲げながら持って行き、今度は後ろに伸ばしていくようにです。 さらに片足立ちのままウエストを左右にツイストするように10秒間ひねります。てでバランスをとりながらしてください。

元々日本人は足腰が強く、大腰筋も鍛えられていたといいます。その歩き方がナンバ歩きと言う歩き方だそうです。

足と手の同じ側を出して歩くのですが、ただ出して歩くのではなく、歩くと同時に同じ側の腰も出して歩くと言うのがナンバ歩きの歩き方だそうです。

これは、当時の人が和服を着ていたり刀を刺していたため何かのときにさっと刀を抜けるためにした歩きかただそうです。

お相撲さんのすり足も良く見るとナンバ歩きです。この歩き方がウエストを回転させ鍛える事になるのです。

ココを鍛えるコアストレッチウォーキングとは、カカトから着地してウエストを大きくひねり大またで歩く事、骨盤を回転させて歩く事を一日三分くらいでよいそうです。コアストレッチウォーキングが難しい場合は、手を組んで八の字に肘を張りながら動かして歩くと良いそうです。

このように大腰筋を鍛える事が運動会で速く走るコツといえましょう。

健康・美容
豆知識
ショッピング
楽天ウェブサービスセンター
    楽天ウェブサービスセンター
GoogleYahoo!