ドライアイチェック

ドライアイのチェックで簡単な方法を2つご紹介します。 はじめに充分にリラックスして一つのものを見ます。その時に30秒間で何回瞬きをするかを数えて診断します。

おおよそ、30秒間に20回以上の瞬きをすればドライアイの診断の目安となるそうです。1分間で10から30回の瞬きならば正常と考えて良いそうです。

もう一つのドライアイのチェック方法は、やはりリラックスした状態で目を10秒の間に瞬きしないでいられるかでしんだんする方法です。開けていられても目が痛くなるようではドライアイの可能性があるといいます。

これらは簡単な家で出来るドライアイのチェック方法ですから、該当しそうな方は医療機関で診断をおすすめします。

常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

ドライアイ漢方

目薬の木と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか? 日本にしかない樹木でカエデ科の木で高い山に生息している植物です。

漢方にも使われる目薬の木は、その樹皮に効果効能があるといわれ、煎じてお茶にして飲むと目が良くなると言われる赤っぽい色のお茶です。

目薬の木の樹皮にはタンニンが含まれていて、殺菌効果や傷を修復する効果があると言います。 このタンニンが目に良いし肝臓にも良いといわれていてひいては、目を守ると考えられているのです。。

目薬の木の樹皮をせんじて作る目薬の木茶は1日1回飲むだけで効果が期待できると言います。 目薬の木のお茶はティ−バックもあり、サプリメントやお煎餅に目薬の木の飴も発売されています。

ドライアイ目薬

ドライアイに目薬は手軽な改善には良い方法ですね。ドライアイに良い目薬はいくつもありますが、正しい目薬の差し方をご紹介します。

ドライアイに限らず目薬をさすときは、45度上を見てアカンベーをする様に下瞼を浮かします。 そこに目薬をさすのですが、量は1滴でよいそうです。多いと流れて皮膚が荒れることもあるそうで、適量をさすようにしましょう。

常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。
後は、瞬きをする・・・と言うのはいけません。瞼を閉じているのが正解です。このときに目頭の下側にある涙の出口を抑えて2秒くらいジットしていると薬が流れないで目に行き渡るのでおすすめです。

目薬もなしにドライアイが続くと涙が少ないゆえに瞬きが多くなり、涙の膜を張ろうとしますが、涙が出ないので空でワイパーを動かすように、眼球に傷が付く恐れもあります。

ドライアイ原因

ドライアの原因として、パソコンや書いた電話の使いすぎが上げられます。 VDTといってビジュアルディスプレイターミナルという言葉があり、PCや携帯電話の画面を見ていると瞬きが減ることがわかっています。

目が開いている時間が長ければ、目は乾きやすくなり疲れ目やドライアイを進行させてしまうわけですね。ちなみに目が細いと空気に触れる面積も狭くなり乾きにくくなるのでドライアイになりにくいそうです。

ドライアイは涙が少ないことも原因の一つで、100年前の人間の涙に比べ現代人は3分の一の漁の涙しか出ていないそうです。具体的には平均2MLから0.6MLに減っていると言いますが原因は確定していないそうです。

涙が少ない場合には、涙点プラグと言うもので涙の出口をふさいで涙の流失を防ぐ治療法もあります。

ドライアイ症状

ドライアイの症状は、疲れ目や目が乾くと言う人が多いでしょう。 いずれも目にダメージを受けやすく、最近では紫外線によるフォトエイジングとう目の日焼け目も問題となっています。

視力も短時間で下がることがあり、ドライアイの人で普段1.2の視力に人が1分間で0.08まで下がった例もあるといいます。

コレなど普段良く見えるドライアイに人が自動車の運転などしていると思うと怖い事例と言えます。実用視力と瞬間視力は違うことを認識する仏用がありそうです。

手軽なドライアイの改善には、蒸しタオルが効果的です。これは目を暖めることによりマイボーム腺と言う油の出る腺からの油の出を良くさせる方法です。

マイボーム腺を3から4分阿暖めることにより油を出して涙を乾燥させにくくすることで目の調整力が改善される(視力回復)と言う事とドライアイを緩和させる効果が期待できるのです。

ちなみに、涙は3層構造で粘液層と水層に油層からなっているのです。

ドライアイサプリメント

ドライアイサプリメントで良く知られているのはブルーベリーを原料としたものでしょう。

ブルーベリーをそのまま食べてもよいですが、たんぱく質と共に取ると効率よく効果を上げることが出来ます。

ドライアイとパソコン

ドライアイとパソコンには密接な関係があり、パソコン作業や携帯端末の使用が多い人や交感神経が緊張している人ほどドライアイになりやすいと言えます。

そこで目に優しいパソコンの使い方です。

パソコンに位置を見直しましょう。パソコンを下目にして見下ろすようにすると目を見開かなくてよいので、目が乾きにくくなり目を上げる力もいらないので、ひいては目が疲れにくくなります。

目を見開くことは目の渇きと認識して対応する用にしましょう。 寝ながらテレビや携帯電話も上目がちになるのでドライアイや疲れ目になりやすいです。

モニターの反射も目を凝らしてみる事になるので肩こりや頭痛・イライラの原因になります。 下向きは目の筋肉がリラックスできる形ですから、この辺から見直しましょう。

見時も大きく見やすいほうが疲れ目予防には効果的です。

健康・美容
豆知識
ショッピング
楽天ウェブサービスセンター
    楽天ウェブサービスセンター
GoogleYahoo!