正しい髪の毛の洗い方

正しく洗う、意外と出来ていない用です。そこで髪の毛の正しい洗い方を順番にご説明しましょう。

まず、予洗いです。お湯で良く洗うのですが、この時の温度は微温湯が良く、冷たいと毛穴も締まり汚れも落ちにくいし、熱過ぎるお湯は、必要な皮脂まで落としてしまいます。

洗う前にしっかりと微温湯で洗うことで水溶性の汚れを良く落とします。 流したらシャンプーに入りますが、まさかそのまま頭には降りかけてないでしょうね。

片手の手のひらに取り頭の要所要所にもう一方の手ですくい、ピンポイントで行けて行くのがムラなく無駄なくつけるコツです。

薄毛でお悩みの方へ、頭皮ケア 薬用シャンプーをおすすめします。


全体に良く泡立てて洗うわけですが、このときは頭皮を洗う感じで指の腹を使いもみこむ様に洗います。 かゆいからと頭皮に爪を立てたりゴシゴシは厳禁です。

洗い終えたら次は、シャワーで流すわけですが、髪の毛の洗い方で一番重要なのがこのすすぎです。 いくら汚れを浮かしても正しく洗い流せてなければ、また汚れがついてしまいます。

ココは正しい洗い方のコアなのでしっかりと流します。指を中にいれお湯が頭皮に通るようにしてください。 プロとの違いはこのすすぎと使用するお湯の量です。

十分に流したら、たっぷりと根元からつけるなんて事はしないでください。 必要な部分に必要なだけが良いのです。特別なものを除いて、頭皮には百害あって一利なしです。

傷んだ部分を中心につけるのが正解です。その部分とは大抵は毛先や顔周りなど表面の部分です。つけたあと、時間を置くとかホットタオルでターバンして蒸らすなどして浸透を高めるのも効果的です。

流し方ですが、これも正しいやり方としては良く流しましょう。 えっ流したらもったいない、せっかくの栄養がなくなっちゃう。と思う人もいるでしょうが実は反対なのです。

リンスやトリートメントは、濡れた髪には電気的にくっつくので流しても必要な量は残るのです。残りすぎは、べたつきや頭皮の炎症など問題を起こします。

ですから、良くすすいでよいのです。

シャンプーとリンス、トリートメント、大切なのは

シャンプーとリンスやトリートメントで、髪や頭皮に一番大切でお金をかけたほうが良いのはなのはどれでしょう。

プロならばズバリ、シャンプーと言うでしょう。

髪は一度傷むと体の傷のように自分で直ることはできず、いうなれば切るまで傷みは残ります。リンスなどは傷みの防止や傷んだところをカバーする、そうカバーするわけで治すのでは有りません。

ですから、傷んでしまってからどうするかよりもその前に傷ませないのが大切ですね。 ですから洗う段階で傷んでしまったり、傷みを更に進行させてしまっては、いくら良い高価な補修剤を使用しても後の祭り、本末転倒というわけです。

そのためにも良いシャンプーを使いましょう。良い製品とは、汚れが落ちて必要な皮脂は残す、刺激が少なく泡立ちが良いといって所でしょうか。具体的にはアミノ酸系の製品がよいと思います。

汚れを落とす部分の活性剤がアミノ酸系でできていると言う製品です。ただ色々と種類が出ていて選ぶ目安は価格と言うことになってしまいます。良いアミノ酸系の製品ほどコストがかかり価格も見合ったものになると言うわけです。

シャンプーの選び方はわかった、ではリンスなんかは?と言う場合、まずリンス、コンデショナーなどの違いがわかりますか?名前です。当たらずとも遠からずですね。それぞれの明確な基準はなく、同じ銘柄でいえばリンス・コンデショナー・トリートメントの順で価格も効果も高くなると考えてよいでしょう。

良く、リンスは表面を覆うもの、トリートメントは中に栄養を補うもの、コンデショナーはその中間と言う人もいますが、そこまで明確には定義できないと思います。成分など調べたり説明を受けて判断するのがベストでしょう。

今は何もトラブルはなくても、髪の毛の洗い方を間違ったまましていると将来、悩むことになるかもしれません。 今から、正しい洗い方を習慣付けましょう。

健康・美容
豆知識
ショッピング
GoogleYahoo!