正しい体の洗い方

ただゴシゴシ洗えば良いと言うものではありません。キチンと汚れやその場所に対応した体の洗い方が必要なのです。 肌のべたつきは、汗だけでなく、皮脂がなかから出てくるのでこの両方がべたつきの原因です。 気温や湿度が高いときには特に多く出るのでさらにべたつくのです。

さらに、このべたつくところにホコリや雑菌が付着するとにおいの元になるわけです。 皮脂の分泌や肌の若いうちならともかく、大人の肌をゴシゴシこするのは避け、潤いは残しつつ汚れを落とすからだの洗い方を勉強しましょう。

体で皮脂の多い部分の洗い方

体の洗い方でも重要な皮脂の多い部分は、胸元や背中、みぞおちです。Tゾーンとも呼ばれきちんと行いましょう。 胸元は、方から鎖骨に沿って内側に、反対に胸のすぐ上は脇に向かって外側にと一方向にします。 中央は、円を描くように上から下に向かって行きましょう。

柔らかいタオルか素手で洗うのがよいですね。特に乳輪部は、皮膚が薄くて敏感な上に蒸れやすくかゆみが出やすいので、泡でやさしくなでるようにするのがコツです。

背中のは、肩の部分から首、肩、腕の順番に外側に向かってやはり円を描くようにして背中の広い部分は上から下に円を描いて行きます。くぼみの部分など手の届きにくいところは、ボディブラシなどを使い、見えにくいので鏡を使うのがよいでしょう。

背中は、いわゆる背中にきびで悩む人が多いところです。ポイントとしては、先に髪のシャンプー、リンス・トリートメントを済ませていきましょう。特にロングヘアの人は、最後にリンスやトリートメントをすると背中にそれらの成分がついたままになり、これらが背中にきびの原因になるのです。

みぞおちは、脂肪が段差になっていたりしている人が多い?ので、この部分は右手で左のわき腹を左手では右のわき腹を大きく動かすように左右に肋骨に沿う様な感じで動かします。真ん中は、上から下に縦に動かしましょう。

においが気になる部分の体の洗い方

脇や足のにおいは気になるものです。においは、かいた汗に皮脂や角質に菌が混ざり繁殖するのが原因です。 正しくすれば臭いも防ぐ事が出来るのです。

脇のにおいは、正しい方法で防ぎましょう。わきの下は沢山の汗をかく上に風通しも悪く皮膚も敏感なところです。指で優しく行うことが必要です。あせもがあるときは、石けんは使用しないで流すだけに、特に除毛した後は、毛穴が炎症を起こしていたりするので、するならば除毛の前にやさしく洗うか、洗浄剤は使用しないでおきましょう。

いつものように、こすってしまうと刺激になってかみそり負けや除毛剤が染みたりします。

脇と並んでにおいが気になるのは、足の臭いですね。足のは、まず足の裏を縦方向に前から後ろに洗います。足の甲も同じように行います。足の指の間や爪と指の間は角質がたまりやすいので特に念入りにしましょう。

専用にブラシを使用するのも良くかかとは月に2回くらい角質落としのグッズで、ケアします。 そのほかに足の臭いを防ぐには、靴は2足を1日おきに履くとよいです。毎日履くと湿気が取れず雑菌の繁殖の原因になり臭うことに、同様に足にぴったり過ぎる靴やサポートストッキングも蒸れてにおいの原因になることもあります。

制汗剤や消臭剤もパウダー入りのものは、汗を吸ったパウダーが固まりにおいの元になることもあるのです。

健康・美容
豆知識
ショッピング
楽天ウェブサービスセンター
    楽天ウェブサービスセンター
GoogleYahoo!